忍者ブログ

予想できない未来のために、今を楽しく生きる

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMG_0793.jpg日本代表Mickey



ハローワークにて所得底辺認定を受けました、コダマン太郎です。
蒸し暑くなってので北海道に行きたいです。

さて、本日はtwitterでも良くつぶやいています、ドイツゲームについて。
簡単に言うとドイツゲームといえばボードゲーム、カードゲーム、テーブルゲームを
指すんですが、これらのゲームといえば何を思い浮かべますか?

多くの人は、ボードゲームといえば「人生ゲーム」、「モノポリー」。
カードゲームといえば「トランプ」「UNO」ってところでしょうか。
テーブルゲームとしては「ジェンガ」「黒ひげ危機一髪」あたりですね。


そんなあなた、狭い、狭すぎるぞ。


漫画で言えば、「ドラゴンボール」、「ドラえもん」しか知らないようなもの。
スポーツで言えば、野球、サッカー、テニスもやったことあるわ、その程度。



ん?わかりにくい?


音楽で言えばJ-POPしか聞いたことがない程度。
山手線で言えば品川と渋谷にしか降りたことがないくらい。
AKB48で言えば、前田敦子と大島優子しか知らない程度だァ~~。



えっ、余計わからんて?しょうがないなあ。じゃあ逆説的に。


カレーでいえば、スープカレー、インドカレー、カップラーメンカレー味を
食べたことない感じ。



何言ってんだ、ばかって?もうわからん奴は知らん(失礼)。



そう、ドイツゲームはメジャーじゃないだけで奥が深く、本当に面白いということ。


ドラえもんは偉大だし名作だし面白い。けどもっと面白い漫画はあるっしょ。
J-POPもいいしよく聞くけど、もっと他にもいい音楽、ジャンルはある。
カレーライスはうまいけど、スープカレーだってカレーヌードルだってうまいぞ!

そんなドイツゲームに最近は魅了されています。



では簡単に魅力をご説明。

・ルールが比較的簡単。その場で説明してすぐ遊べる程度。
なにより2~5人くらいで遊べ、やってる人間みんなでワイワイ言いながら楽しめる。
つまりコミュニケーショントイ、なわけです。


・運と技術の両方が適度に必要。
単純な双六のように運だけによるゲームはほとんどなく、囲碁や将棋のように、
運の要素を排除したゲームも少ない。従って、初心者や子供でも勝つことができ、
また、習熟することにより勝ちやすくなるという上達の要素もある。
子供でもできるが、いわゆる子供だましではなく、大人でも(大人同士でも)
十分楽しめる内容である。


・ゲームのコンポーネント(実体)はしっかりとしている。
板状のボード、(多くは木製の)コマなどが用いられる。デザインや描かれる
イラス トも可愛かったり、怖かったり、いけてたりレベルが高い。
日本にないデザインってのもやる時もワクワクする要素であります。


・よくできたルールのゲームが多数(無限に近く)あり。
その場のメンバーや、年齢、人数に応じていろんな選択肢がある。
運要素の強いもの、すごろく的なもの、かけひき要素が強いものなど
頭を使うので大人同士でないと楽しめないものなど、本当に沢山ありのです。



では、簡単にいくつかパッケージ、ゲームの内容を。




index.php1.jpg

haba_4478.jpg

いや~ん、やだ~、かわいい~~。

「ワニに乗る?」
一番下のワニに木製の動物をどんどん 乗せて、倒れたら負け。
とにかくかわいい動物さんとその形。積み木、インテリアとしても遊べます。
子供と大人のコミュニケーショントイとしては最適!!





img56249374.jpg

ZickeZacke-board.jpg
ほれほれ、これもかわいいでしょ。

「にわとりのしっぽ」(日本語題)
すごろくと神経衰弱を足した感じのゲームです。
子供と一緒にあそんだら、親が負けます。。。





Geschenkt-box.jpg

Geschenkt-cards.jpg

カードゲームもおっしゃれ~。チップも使います。

「ゲシェンク」
カードがマイナ ス点で、チップ(お金)を払ってどれだけ人に押し付けるかのゲーム。
何度やっても攻略法が見つからない。やればはまってしまうシンプルゲー ム。





Wie_verhext-box.jpg

Wie_verhext-board.jpg


なかなか、おどろおどろしいでしょ。

「魔法にかかっちゃったみたい」(日本語題)
ルールはそこそこ難解で、かけひきと相手の裏をかく戦術性の高いゲーム。
賢くなった、しかしひん曲がった大人同士でやると盛り上がります。





Ubongo3D-box.jpg

Ubongo3D-board.jpg

なにやら、楽しげ、カラフルですな~。

「ウボンゴ3D」
テトリスを3Dにした感じできれいに直方体にして「ウボンゴ!」って言った人の勝ち。
右脳フル回転!なかなか出来なくて、でも隣の子ができて、、イライラします。



てな調子で、簡単に紹介しましたが、どうでしょう。
やりたくなったでしょう。やってみたいでしょう。

日本ではドイツゲームはなかなか流通していないので気軽に買えないのと、
ルールが多少複雑なので知っている人に教えてもらわないとできない。
やってみなきゃ、楽しさがわからない。となかなかまだ日本では浸透には
時間がかかりそうです。

が、確実におもしろいし、よくできている。新しいゲームをやるたびに
「よ~できたゲームやな~」「考えたやつ、やばいな」と関心しきりです。

楽しそう、やってみたい!という方は是非ご一報ください。
出張ドイツゲーム大会いたします。(何度かやって大好評でした)


ドイツゲームとの出会いはカレーが好きやけど、北海道でスープカレー食って
スープカレーにはまって、そっちのほうが好きになった感動と同じ感動でした。


わかりにくいとか、言~わ~な~いの。


images11.jpg


PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ twitter
◎ プロフィール
HN:
kdmn88
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1980/07/09
職業:
取締役+ドイツゲームマスター+けん玉パフォーマー
趣味:
おもちゃ・けん玉・ドイツゲーム
自己紹介:
そこそこ一流サラーリーマンからの脱サラならぬ、No Incomeに。か・ら・の、若手アーティスト支援『㈲ことり』取締役、ドイツゲームスペース@Shibuyaゲームマスター、けん玉パフォーマンスコンビ『ZOOMADANKE』。
◎ ブクログ
ブクログ
◎ 最新コメント
[01/07 城郷小机地区センター 宮本]
[12/24 城郷小机地区センター 宮本]
[10/03 スコッティ]
[09/04 いち丸]
[07/25 kodama]
◎ ブログ内検索
◎ カウンター
◎ バーコード
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]