忍者ブログ

予想できない未来のために、今を楽しく生きる

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

48.jpg
illustrated by Andy Gilmore


あと少し広かったなら、人はゆとりをありがたがったかな。

あと少し狭かったなら、相手を理解しようとできたかな。

こんなに広かったから、満たされる事ができないのかな。 

こんなに狭かったから...。



シャトルの窓から見える通りそのまま、地球は 狭くもなく、広くもない。

何故なら最初からそこにあるものだ。言うなれば全体で一つのものだ。

人がそれを分けた途端、もったいなくも、狭くもなれば広くもなる。

隣の人よりもっととか、ならば隣の国より多くとか。



自らを列の最後に置く謙虚さや、寛容であろうとする努力は 

実際生きていくうえでは困難を伴なう。皆失うことを恐れるものだ。

そもそもが俺達ときたら、我先にとここまで上がってきた。

譲れない事は今も少なくはないが、ここまで来たら話しておきたいんだ。



幸せ、不幸せ、絶えず心は揺れ続ける振り子の真ん中で。 

疑って、出口ふさがって、ついにはどこも行けなくなって慌てて。

受け取って、もらいたがって、結局はただただ欲しがってただけ。

心ならず、別れ重ね、うちかぶれ、耕される畑。



地球と違い、資源と違い、どの形ある諸々とも違い、

心の表情は実に限りない。当然同じ人間なんていない。

異なることが自然の理だ。それが宇宙を秩序立てる鍵だ。



お互いが補い合い、私達は初めて人の名に恥じない。

私から見れば私が正しいが、あなたから見ればそうだとは限らない。

立場、価値観、超えた高みから、俺は俺のなすべきことを探した。

主義や理想が混ざり合ってるのが、ありのままのこの地球の模様さ。

違いを違いのままにしておく事が、共有点を見つけるヒントだと思うんだ。



「偽善を装った綺麗事だ」 そう言われると返す言葉はない。

先に話した通り、この世の中は違う意見は人の数だけあるから。

しかし君はすでに彼女からそれを受け取った。

君はすでに彼からそれを受け取った。

すでにみんな両親からそれを受け取り、

次に子供や孫に何を残すと言うのか。



行き着く所は、学ぶべき事とは、見返りを求めずに与える事だ。

つまり受け取ってもらったこっちの方が、感謝すると いう心の状態。

口にするのは簡単だとは思うが、少しずつやってみようと思うんだ。



君ももしそう思うなら、嬉しいね。もちろんさ。嬉しいね、もちろん。 

================================


ども、フリー太郎、コダマソです。

どないしたんやって話ですが、上記は好きなアーティストの曲の歌詞です。

途中から斜め読みして、スクロールした人、もう一度上まで戻って

時間をかけてでも、頑張って読んでみて欲しい。






私から見れば私が正しいが、あなたから見ればそうだとは限らない。
違いを違いのままにしておく事が、共有点を見つけるヒントだと思うんだ。


これは真理だと思うのです。



行き着く所は、学ぶべき事とは、見返りを求めずに与える事だ。
つまり受け取ってもらったこっちの方が、感謝すると いう心の状態。
口にするのは簡単だとは思うが、少しずつやってみようと思うんだ。


何度も何度もこれを聞いている僕も、日常でこれを思い続けることは
本当に難しい。本当に少しづつ、やってみたいと思うのです。



1612.jpg655.jpg

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ twitter
◎ プロフィール
HN:
kdmn88
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1980/07/09
職業:
取締役+ドイツゲームマスター+けん玉パフォーマー
趣味:
おもちゃ・けん玉・ドイツゲーム
自己紹介:
そこそこ一流サラーリーマンからの脱サラならぬ、No Incomeに。か・ら・の、若手アーティスト支援『㈲ことり』取締役、ドイツゲームスペース@Shibuyaゲームマスター、けん玉パフォーマンスコンビ『ZOOMADANKE』。
◎ ブクログ
ブクログ
◎ 最新コメント
[01/07 城郷小机地区センター 宮本]
[12/24 城郷小机地区センター 宮本]
[10/03 スコッティ]
[09/04 いち丸]
[07/25 kodama]
◎ ブログ内検索
◎ カウンター
◎ バーコード
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]