忍者ブログ

予想できない未来のために、今を楽しく生きる

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMG_2653.JPG

三足のわらじを履ちゃんと履きこなせているのか、
そこが問題だ。コダマソです。

さて、前回のブログに書いていたように

『ドイツ路上けん玉パフォーマンスの旅
&今年もエッセンボードゲーム祭りにいってみよ~~』


行ってまいりました。

帰国して早いもので3週間(おーこわ)。

FBには写真などをUPしましたがこちらでも。


今回は

『路上けん玉パフォーマンス』


(出国前)わくわくわくわく。


(入国後)どきどきどきどき。


(ベルリン街中)やべえ、外人しかいねえ。


(初パフォーマンス)やべえ、反応悪りぃ。

IMG_2179.JPG


(パフォーマンス後)ドイツ人けん玉知らんわな。言葉も通じない・・・

DSC01845.JPG


(休憩中)やべえ、やりたくねえ。


(パフォーマンス)えええい、やったれやったれ!

DSC01873.JPG


(パフォーマンス後)全力のひげダンス、奇声がうけた。

IMG_2299.JPG



(休憩中)とにかくFUNKYにやってたらうけるんや。。。GET FUNKY!

IMG_2590.JPG


(パフォーマンス)全力パフォーマンス。頭のねじ、何本か飛んでましたな。

IMG_2595.JPG

IMG_2247.JPG

(パフォーマンス後)疲れた・・・



てな感じのベルリン6日間でした。



理想、想像が現実を超えることはなく、正直しんどい6日間。

久しぶりに心が3回ほど折れました。

ここまで来てパフォーマンスをやらない意味がないことも頭では
わかっているだけに、辛い毎日でした。まさに「K・U・G・Y・O」、苦行。

けん玉ももちろん、パフォーミング、楽しいの伝え方、強い心を
勉強し、経験した旅でした。

そのおかげで、日本に帰ってからは振り切った、全力の
パフォーマンスができるようになりましたで。サンクス苦行。

IMG_2673.JPG



PR

superpink-550x412.jpg

寒いよ、もう。心も体も。
「あがり」と「さがり」の繰り返しで人は強くなるのだと思います。
一昨日はさがり、昨日からあがりのフリーマン、こだおです。

さて、お待ちかね(待ってない?)のエッセン、ボードゲーム祭、
「ESSEN SPIEL’10」です。

ドイツボードゲームの一年に一回の祭典です。
(ドイツゲームってなんじゃいな?という人はこちら

各メーカーやデザイナー達が新作を発表したり、出ているゲームで
その場で遊べたり、その場で買えたり、まあボードゲーム天国なのです。

開催期間は4日間、総動員人数は15万人!!出展されるゲームは
約600タイトルとまあ世界最大のアナログゲームのイベントなのです。

百聞は一見になんたらといいますので、まずはご覧あれ。


エッセンのメッセ。東京の国際展示場みたいなもんですね。

messe.JPG


すでに入り口でこの人数。初日は2時間待ちだったとか。

entarance0.JPG


近づくと・・・

entrance2.JPG

おいおいすげーな。

入ってみると・・・

もちろん、スゲー人。祭りだ祭りだ。楽しそすぎっぞっ!

entrance.JPG

すぎっぞっ!

naka3.JPG



子供向けのHABA社のブースですね。
親子で楽しそうにゲーム。

HABA.JPG


ボードゲームだけじゃなく、アナログおもちゃも結構あります。
(テレビゲームは全くなし)

HABA2.JPG


Cuboroもブースを出してましたね。大人気!

cubro.JPG


これは、今年子供ゲーム大賞に輝いた「ドラゴンディエゴ」
というゲームの巨大版。もちろん、実際にプレイしてます。感動。

doragon2.JPG

インストラクターのお姉さん。
こんなんで実際に遊べるなんてドイツの子供は幸せだな~~。

doragon.JPG


他にも巨大シリーズがたくさん!

ご存知、ジェンガのでかいのもありました。

DEKA2.JPG


電車ゲームの巨大版。たのしそ~~。

kyodai2.JPG


そして外にはなんとテーブルサッカーの巨大版!そして実写。

soto.JPG
さすがに子供がクルクル回るわけではありませんでした。



そして、今回ボードゲームも出していましたLEGOブース。
さすがに広く、オシャレに仕上げてました。

LEGO2.JPG

LEGO.JPG

LEGO3.JPG
この、机とイスが欲しい!欲しいぞ!


もちろん、大人同志もいっぱい。若いカップルから、夫婦、
おっさん、おばはんまで、まさに老若男女問わず!

naka.JPG


もうところ構わず、地べたでゲームするおっさんら。。。

naka2.JPG
楽しそう・・・幸せそう・・・。
こんなボンクラ大人になりたい。


これは2009年のドイツゲーム大賞の「Dixit」のブースですね。
すごい人、すごい広さ。

DIXIT.JPG


人狼っていう、10人くらいでやるゲームです。
いい大人が体育座りして円になってゲーム中。

jinrou.JPG



日本も一つ、ブースを出しております。MADE IN JAPAN!
過去最高な人と盛り上がりだったとか。

japanbrand.JPG


韓国のブースではフィギュアゲームが。。

korea.JPG


囲碁のブースなんかもありましたね。囲碁大人気。

Go.JPG

外人がまじ顔でうってます。後ろには・・・。

Go2.JPG


古ボードゲーム屋さんもかなり多く出店してました。
ほんとに安いもんで、買いあさりました。

furu.JPG


だって、カルカソンヌ、8ユーロ(900円くらい)だよ!!!
(日本では新品で3200円くらい)

furu2.JPG


パペットも売ってました。全部スゲー出来がよかったんだよな~。

papetto2.JPG papetto.JPG


奥ではコミックマーケットも同時開催されていて、
コスチュームをプレイされている方も多く見られました。
完成度はかなり高かったですぞ!

kosupure.JPG
カメラを向けるとしっかりカメラ目線。


もうノリノリ。寒くないの?
kosupure2.JPG


私服、、、じゃないよねカメラ目線。目線までなりきってます。

kosupure4.JPG


ガチデス。子供も怖がれよ。

kosupure6.JPG kosupure5.JPG




マジガチデス。てか、君らなに人やねん。

kosupure7.JPG


とまあ、長くなりましたが、盛りだくさん夢だくさんの会場だったわけです。
3日間いましたが、まあ飽きない飽きない。

英語もドイツ語も堪能じゃないにこんなに楽しいのだから、
これでドイツ語がわかった日には・・・末恐ろしい。

ある意味日本人でよかったのかもしれません。
それぐらい、ドイツゲームLOVEなのです。愛しております。

最後の日が終わった時には、寂しさとありがたさと楽しさが溢れ、
なにか感慨深く、しかし力をもらった気がします。

この経験を生かせればいいなではなく、生かさねばならぬと。

エッセンで見た老若男女問わず、ゲームで遊べる風景を
日本でも見れることを夢見て。

同じ人間なんだから、不可能じゃないはずだ。




最後に、ドイツは日本食の店も結構多くて、駅構内にも寿司とか
普通に売ってました。

sushi2.JPG

sushi3.JPG




そして、わさびも。。。。


sushi.JPG

f19245bd.jpeg

こんばんは。ドイツから帰国しました、もう冬ですね。
フリーターは何度冬を越せるのか、こたまです。

さて、今回のドイツ旅行は完全におもちゃ、ボードゲーム中心で
考えていたのですが、そのとおりでした。

ドイツのおもちゃの文化の濃さに感動感動、号泣メーンでした。

今回は第一幕を写真中心に。


ドイツのハロウィーンはガチです。まぢホラー。たのしそ~。

DSC09151.JPGDSC09227.JPG


さてさて、おもちゃ屋だ。まずは大手デパートのおもちゃ売り場へ。
見よ、この絶景!

DSC09162.JPG

DSC09202.JPG


なんとLEGOとボードゲームの融合。感動。(後に3つゲット)

DSC09166.JPG


シュタイフの巨大クマさん登場。ボタン押すとしゃべります。

DSC09195.JPG


シュタイフ売り場も広かったな~。

DSC09200.JPG


レジは長蛇の列!

DSC09197.JPG
てか、平日の昼間からみんな何やってんだ?


LEGOだって負けてないぜ!

DSC09293.JPGDSC09289.JPG
ストームとルーパーの完成度がすげー。ハリポタのおっさんでけー。


なんのなんの本場ドイツ、プレイモービルだって!(レゴはデンマーク)

DSC09525.JPG


とにかく広いし、それぞれのコーナーがきっちりエリア分けされてる。
このほかにも赤ちゃん・幼児用コーナー、リアルな動物模型、
木のおもちゃ、プラスチックのおもちゃ、ほんとにたくさんおもちゃ天国。


さて次は、元来アートな人間なわたしはモダンアート美術館へ。

おお、シャレオツやないか!

DSC09204.JPG


しかも、いまやっているのは1980年代の写真展だったみたいで、
入り口入ってすぐの広場には度肝抜かれました。


そう、そこには世界に誇る日本人の写真家の写真がびっしり!

e4ed599a.jpeg



そう、アラーキー。

ええんか、これ。日本が誤解されないか?
(拡大して見たい人は写真をクリック!)


DSC09207.JPG
なんでお台場フジテレビの横がその写真やねん!
エロアートに興味のある人は写真をクリック!)

元来アートがまったくわからないぼくは、その後も見て回るも
他の写真家の写真も美少年ポルノにしか見えないのでした。


そんなこんなで、気を取り直して街へ繰り出す!

リアルレゴ。

DSC09218.JPG


またもやクマさんに出会った。シュタイフより出来悪し。

DSC09217.JPG


子供のおもちゃ屋さんは家具の扱いも多いのね。

DSC09231.JPG


本日三回目の、くまさんに~♪ であ~た~♪
今回はシュタイフ。個人的には一番出来が良い。てか、でかい。

DSC09301.JPG


レゴショップもかっこいい。

DSC09277.JPG


混んでる混んでる!てか、平日だろおまいら。

DSC09279.JPG


レジの後ろにあった、これなーんだ。

d4598f5f.jpeg


正解は、、、

越後製菓!

ではなく、レゴの人形。

DSC09284.JPG


いつの間にか、ケルンに到着。
駅前に大聖堂、どーーーん!ホンマに駅前。

DSC09269.JPG


これはな~んだ?

992bcf34.jpeg


ケルン大聖堂のポスターですが、

よく見ると・・・・


DSC09266.JPG
音符なのでした。おいおい、発想がオシャレすぎやしないかい?


夜の大聖堂もすばらしかった。酔っ払うと特に。月が低い!!!

DSC09314.JPG


最後にケルンで肉頼んだら、アニメ(ギャートルズ、ワンピース他)に
出てくる肉が出てきました。どんっ!

DSC09321.JPG







30分後・・・

DSC09324.JPG






30.png





これにて第一幕、しゅうりょ~~。
来週は「エッセン、ボードゲームの聖地」だよ!

絶対見てくれよな!

images1.jpg

gauckler1.jpg

こんばんみ。バッチリ北の国で避暑してました。
まだまだニート、改めニート・ネイチャーこたまです。ヨロシクどうぞ。

さて、行って来ましたよ、北海道。去年の8月に行って、
今年の2月に行って、今回3度目の渡北でした。

しかし、一回目9日間、二回目14日間、今回8日間とここ一年で、
31日間行ってました。一ヶ月やん、いやん。

今回は行ってきましたよ最北端と南端に。
そして2泊3日の車中泊生活に
道内縦断激走2000km!(札幌-福岡で2200kmらしい)

今回は簡単に旅程とその時のベストショットを。
今回は長いよ、気をつけて。

では、暇な人、どうぞ下へ押すすみください。




千歳空港


夕張郡由仁町のレストラン、「キッチンフォームヤード
さっそくスープカレーを。雰囲気も味もグッド!

入り口からワクワク過ぎるやろ~!
DSC_0940.JPG


北海道スープカレー最強説
DSC08615.JPG




モエレ沼公園
(札幌)
前回は冬に行ったのでほとんど雪まみれ。。。夏のモエレ沼は美しい。
遊具とはおもちゃと一緒でシンプルイズベストと気づかされました。

おっしゃれ~やで。
DSC08636.JPG


しっかり遊ぶマリオ世代の30歳
DSC_1010.JPG


斜めにするだけで、ブランコも美しい。
DSC_0031.JPG


とにかくデカイ。
DSC_0087.JPG


そして意味不明。
DSC_0021.JPG


とにかくデカイ!広い!
DSC08687.JPG




札幌
札幌最先端の古着屋「world ケロケロ」。毎回行きつけになっており、
今回はぶっ飛んだ店長ケロケロさん(女性)にいきなりビールを渡され、
そのまま、飲みにまで連れて行ってもらっちゃいました。
好きな人には会い続けることは大事です。
本当に生きることに重点を置いている人です。札幌に行った際には是非!
そしてまたまたジンギスカンの聖地、だるまに行っちゃいました~!

普通、成吉思汗って読めないよね??
DSC_0186.JPG


こんないい感じの路地にあります。
DSC_0188.JPG




アルテピアッツァ美唄

言わずもがな、北海道でも一、二を争うお気に入りの場所。
ほんまにええで~。絶対に自分の子供は連れて行く!

何度来ても美しいものは美しい。
DSC_0251.JPG


奥に見える建物が幼稚園です。
DSC_0309.JPG


直島に近い感じかも
DSC_0302.JPG


ジブリの世界に迷い込めます。
DSC_0276.JPG




留萌・羽幌をへてオロロンラインで稚内へ北上。
天気は最高!そして草原の中の夕日がヤバイ!

DSC_0529.JPG


利尻島に沈む夕日。
DSC_0420.JPG


もいっちょ、夕日!アフリカかっ!
DSC_0414.JPG




日本最北端・宗谷岬到着!なぜか暴風雨。
ライトアップされててよかった~。
cec6a9c0.jpeg




礼文島とその北端ストコン岬
礼文島は夏の北海道で一番ヤバイ、と北大出身の子が行ってました。
ホントにヤバイよ、ヤバイよ。リアルジュラシックパークやー!
ママチャリで6時間かけて島を一周。最後は足がガクブル。

桃岩。絶景過ぎた。
DSC_0615.JPG


ここほんまに日本か?
DSC_0620.JPG


緑過ぎるやろ、ホンマ。
DSC08734.JPG


隣の島、利尻島。空と海と島と。
DSC_0559.JPG


なんにでも上り坂があれば下り坂があるということを痛感。
そして、最後は必ず下り坂。さいこ~!
DSC_0721.JPG


島の最北端のストコン岬とその先にある無人島、トド島。海が青い。
の前で老夫婦に記念撮影を撮らされる妹。
DSC_0806.JPG




美瑛
これまた、べたに美瑛。夏の美瑛は鉄板でしょう。
そこでガラス工房のおっちゃんと仲良くなり、造ってるところを
見学させてもらったり、お茶をもらってお話ししたり。
また、新しい生き方を学んだ気がします。


いや~悩む悩む。
DSC08773.JPG


職人ってほんとにすげー。かっこいい。
DSC08779.JPG


震えるぞ、ハート!燃え尽きるほどビート!
DSC_1003.JPG




富良野
これもべたに富良野。何度行っても野菜のアスリート天国。
野菜のオリンピックや~~~。

そして古民家再生をした野良窯カフェノラ
お客が他にいないのもあり、存分にくつろがせてもらいました。
ギャラリーにもなっており、食器は旦那さんの作品らしい。
奥さんはお店担当。ええ、空間でした。

This is 古民家!
DSC_0019.JPG


リフォームもセンスフル!
DSC08794.JPG


ぜ~んぶ、玉ねぎ。玉ねぎってつながってんのね。
DSC_1034.JPG




苫小牧
札幌が週末で安宿がとれず、苫小牧まで足を伸ばし安宿ゲット。




浦河
南端を目指していた途中の昼飯。こんな海鮮丼みたことない。
一回転してグロイ。(笑)

DSC08807.JPG




襟裳岬
南端やで~。北と違って、ぽつぽつある岩が旅情を感じさせました。
カップルばっかで一人ふらついてる俺は、自殺志願者のよう。天気もいまいち。

DSC08813.JPG




十勝・日高地方
初めて行ったエリア。馬、牛、羊がいっぱい!サラブレッドの聖地らしいですね。
生の動物ってこんなに癒されるとは思いもしませんでしたな。
その他、牛、鶏、豚、野菜、なんでもそろってる。十勝地方最強説生まれる。

牛ってきれいだなあ。
DSC08848.JPG


運転中は動物注意!!
鹿5頭、キツネ5匹、タヌキ1匹、リス1匹、ネコ1匹に遭遇。
DSC08847.JPG




然別湖・天然温泉
川のほとりにある、天然温泉。もちろん混浴、タダ!
車中泊の後だけに気持ちよかったな~~~。

鹿の湯。
DSC08857.JPG




層雲峡
やっぱ滝でしょう。流星の滝、銀河の滝。
また、ここは滝だけでなく、渓谷がすんごいの。
昔のマンガの中国での修行の場所みたい。

落差がハンパない。
DSC08866.JPG


ちなみに朝は9度まで下がって車中で起きました。
DSC08878.JPG


朝4時から行ってたので、周りには誰もいなく静かで、正直コワかったっす。
DSC08872.JPG




旭川
街中に公園がとてもとても豊富。かなり芝生で寝させてもらいやした。

また田園カフェ「Good life cafe」。ボーっと2時間弱もいさせてもらいました。
心身ともに気持ちよくなれるカフェです。ここはオススメ!


いい公園が多いんだ。
DSC08884.JPG

DSC08885.JPG


cafe good life
DSC08895.JPG

DSC08899.JPG




千歳空港へ
まじ、センチメンタル。一人で高速に乗ってる2時間で泣きそうになりました。
なんか、新しい感覚がたくさんもらえて、なんだろな、おセンチな気分でしたわ。

とまあ、こんな一週間でした。
(読んでくれた方、長々とお疲れ様でした)


でも、北海道ってなかなかサラリーマンしてたら行けないと思うのだが、
2泊3日でも十分、北海道は感じれる。行かなきゃ感じれない。

絶対に行った方がいいし、行かない理由がない。

・景色が違う。本州の田舎とは段違い。広大とはこのこと。
・なんせうまい。魚類が有名だけど、野菜、肉なんでも食いましょう。
・自然に囲まれることの気持ちよさよ!
・いい人が多い!日本なので日本語通じます。
・夏は特に涼しい。湿気なし。ハワイでっせ。

ほら、行かない理由がない。


今後も俺は行くでしょう、行き続けるでしょう。



最後に、いちばん北海道らしい、ほのぼのした写真でお別れしましょう。
長文お付き合いありがとうございました。



@札幌大通り公園
DSC_0055.JPG

cfd7724a1f0d0004505b514c02d900d2.jpg
京成パンダ


もう曜日感覚がありません。もういくとこまでいこうと思います。
「ちなみにワタシの連休は240連休ですよ・・・」
もうわたしはフリーザ並です。

さて、ツイートもしてましたがここ数週間、よく山中にいました。

で、秩父で田舎に泊まろう、もとい山中に泊まろうをしてきました。
前のブログでも紹介していた「ツグミ工芸舎」さんの自宅です。

ここの家がいやー半端ない。田舎ではなく、完全に山中。
500坪の土地に自宅・工房・資材小屋・畑・犬1匹・烏骨鶏3羽。

さて、順番に見てみましょう。


まずは自宅。外壁は奥さんが全部塗ったんだとか。

DSC08477.JPG



これまた、中もかっこいいんだ。
天井高い、アーンド、憧れの暖炉だあぁぁぁ!!

DSC08504.JPG DSC08558.JPG



外壁がお洒落な工房。これも奥さんが塗ったとか。

DSC08475.JPG



資材置き場小屋。これは前の古家をそのまま使ってるみたい。
犬もここに。

DSC08476.JPG



かなり茂ってますが畑。そして山、山、山。

DSC08483.JPG



そして今回一番のツボだった烏骨鶏ファミリー。
烏骨鶏って知ってた??以下ウィキペディアより。

烏骨鶏
(うこっけい)とは、ニワトリの品種名である。
烏骨(カラスの骨)という名が示す通り、皮膚、内臓、骨に到るまで黒色である。
羽毛は白と黒がある。成鳥でもヒヨコ同様に綿毛になっている。
一般的なニワトリのみならず、鳥類全般から見ても特異な外見的特徴から、
中国では霊鳥として扱われ、不老不死の食材となった歴史がある。
実際に栄養学的に優れた組成を持ち、また美味であるため、現在でも一般的な
鶏肉と比較して高価格で取引されている。

すげーよ、ウコッケイ。中身まで全部黒。不老不死。素敵すぎる。

DSC08495.JPG DSC08488.JPG

朝から放し飼いなので、ずっと一緒に遊んでました。

白がお父さん「ウコ」、黒がお母さん「トゥルル」。
子供は・・・ずっとお母さんと一緒でした。
そんで、そこらへんの草やら、ミミズやらを食べてました。
いやあ、ギザかわゆす。首ったけでした。

DSC08472.JPG DSC08496.JPG



夜は、美味しいご飯とその日ご一緒に泊まらせていただいた
旦那さんは津軽三味線、奥様は語り。語りと和楽のユニット
かたりと」のお二人のライブ。

虫の音しか聞こえない静かな山中で紙芝居、落語、民謡、贅沢な生ライブでした。

※画像の揺れ、暗さは気にせず雰囲気をお楽しみ下さい。



いつもはおもしろく、饒舌な小池さん。
でも弾いてる時の顔は別人、男前!!

DSC08460.JPG




そんなこんなで次の日は近くの幼稚園へ石窯作りのお手伝いに。
小さい、みんなでやっているような幼稚園で、緑に囲まれた幼稚園でした。

気になるこいつは牛風のヤギ、すみれちゃん。草を食いまくってました。

DSC08530.JPG DSC08548.JPG



こんな立派なニワトリも!(当然放し飼い)

DSC08544.JPG



がんばって働いたで!!
ノコギリなんて久しぶり。楽しかった~。

DSC08542.JPG


そんな、楽しい山中時間の居心地が良すぎて、この日も延泊してしまいました。
ツグミ工芸舎のアダチさん、本当にお世話になりました。
「かたりと」のお二方も楽しい時間ありがとうございました!!

また、必ず行きます。
I'll be back!


◎ twitter
◎ プロフィール
HN:
kdmn88
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1980/07/09
職業:
取締役+ドイツゲームマスター+けん玉パフォーマー
趣味:
おもちゃ・けん玉・ドイツゲーム
自己紹介:
そこそこ一流サラーリーマンからの脱サラならぬ、No Incomeに。か・ら・の、若手アーティスト支援『㈲ことり』取締役、ドイツゲームスペース@Shibuyaゲームマスター、けん玉パフォーマンスコンビ『ZOOMADANKE』。
◎ ブクログ
ブクログ
◎ 最新コメント
[01/07 城郷小机地区センター 宮本]
[12/24 城郷小机地区センター 宮本]
[10/03 スコッティ]
[09/04 いち丸]
[07/25 kodama]
◎ ブログ内検索
◎ カウンター
◎ バーコード
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]